RECRUIT採用情報

チーム全員で問題解決するのが、エス・エス・シー流。リーダーとして、楽しんで働けるチームを作りたい。

資格合格のための学校の勉強とまったく違った実戦現場。

情報処理の専門学校に通っていたので、入社前にプログラムの基礎知識はありました。
ただ、学校で教わったのは主に資格に合格するための知識だったのに対し、実際の現場では後々のメンテナンスのため誰が見てもわかりやすく無駄がなく、サーバーに負荷をかけない短い構文など、全体の効率を考えたコーディングが必要とされています。OJTで現場に配属された後は、プログラム開発の経験を多く積ませてもらえたので、早い段階で現場に必要な技術を身につけることができました。今は投資信託の運用に関わるシステム開発のリーダーを任されています。ある程度SEとして経験を積んだ時、自分のやり方、考え方を持って仕事に取り組みたいと思うようになり、自ら志願してリーダーの道へ進みました。

新人が質問しやすい雰囲気づくりを大切に。

リーダーとして心がけているのは、メンバーひとり一人が楽しんで働けるチームづくり。
やりがいのある仕事を各メンバーに振り分け、それをこなして達成感を味わってほしいと考えています。入社1年目の新人には、通常、プログラム開発の案件を多く振り分けています。初めはいろいろ言葉で教えるより、実際に手を動かしたほうが身に付くからです。当時、新人だった僕もそうやって経験を積んできました。また、何か困ったことがあればみんなで協力して解決。新人は、特に「みんな忙しそうだけど、こんなこと訊いても大丈夫かな?」なんて気をつかってしまうこともあるだろうから、こちらから積極的に声をかけて、状況確認するように気をつけています。

経験を積んで、自分の考え方を持てるようになろう。

お客様にも「この人だったら任せられる」と印象付けられます。
エス・エス・シーは、大手SI企業と契約して、金融機関などSI企業のお客様先で仕事をしています。金融機関にとっては数あるパートナー企業様のひとつではあるのですが、きちんと社名も認識されていて、直接「いつもよくやってくれてありがとう」と感謝の言葉をいただくこともあり、そんな時はやはり嬉しいです。新しく入社される方もお客様から信頼される技術者になれるよう、リーダーとしてサポートしていきたいと思います。

就活生にひとこと

僕自身は、就活の時、まずは基本給を見ました(笑)
エス・エス・シーは、大手SI企業と比べても見劣りしない給与水準だと思います。
金融系システムは、アプリなど流行りの開発に比べると華やかさはないですが、堅実さはピカイチだと思います。

平日夜&休日の過ごし方

お客様やパートナーさんと親睦を深めるため、案件の始まりや終わりのタイミングで、飲みに行ったりしています。僕はお酒が好きなので、土日も地元の友達と飲み歩いてます(笑)。休日出勤はめったになく、稀にあっても振替休日でしっかり休めますよ。